知的資産経営で経営資源を活かし切る

時代の流れに、うまく適応した企業と、
そうでない企業との間に格差が生じていき、
その格差が拡大していく傾向にある。
私は、そのように感じています。

経済のグローバル化、IT技術など技術革新の進展、
規制緩和等による競争の激化、環境保全の配慮など、
これらの事象への対応が求められる状況になっています。
また、企業経営における外部環境の急速な変化に対して、
時代の流れに沿ったビジネスモデルを構築することや、
顧客ニーズの多様化に対応できる企業行動を、
方向づける指針となる経営戦略が重要視されています。

企業経営にあたっては、あなたが経営する会社が有している、
経営資源に着目し、経営資源を分析していくことにより、
経営における急速な外部環境の変化への対応策を熟慮する。
そうすることによって、あなたの経営している企業を、
存続させ、成長させ、発展させていくことが可能になる。
そのように考えることが多くなりました。

企業経営技術が高度化しているように感じています。

経営戦略の構成要素の一つに、
資源展開と呼ばれているものがあります。
これは、すでに、社会的存在になっている、
あなたが経営している会社を長く存続させ、
発展させていくためには、ヒト・モノ・カネ・情報など、
経営資源を、いかにして蓄積して配分していくかを、
意味しているものと、考えられています。
あなたが経営している会社が有している、
独自の経営資源によって、経営展開を図っていくこと。
全社的な視点を持って経営資源の配分を、
検討していく必要があると考えています。

その経営資源の中には、財務諸表には表れてこない、
目に見えない経営資源である、企業文化や技術力、
ブランドやノウハウ、優秀な人材や組織力など、
いわゆる知的資産と呼ばれている経営資源があります。

あなたが経営している会社の強みを活かしていくために、
知的資産を可視化していきながら活用することは、
非常に有益なことであると考えております。

知的資産経営報告書を作成することにより、
また、知的資産経営報告書を作成するプロセスで、
貴重な経営資源である知的資産を見つけ出して、
資源展開を図っていくことが求められている時代。
そのような時代に突入しているように感じています。

知的資産経営報告書を作成することはもとより、
知的資産経営報告書の作成プロセスが、
企業経営者であるあなたにとって、
経営戦略上の気づきをも、もたらしてくれる。

このことは、実務を通じて、
いつも、感じられることであり、
考えさせられることでもあります。

知的資産経営報告書を作成するメリットを、
享受したいとお感じになった企業経営者の方は、
こちらの お問い合わせ・ご予約フォーム から、
行政書士 松本仁孝事務所まで、
お気軽にお問い合わせください。



Google

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。