企業価値向上の価値創造戦略です

知的資産経営というのは、
貸借対照表に記載されている資産以外の無形資産であって、
その企業経営においての企業価値や、
競争力の源泉と考えられる、人材や技術、技能、
特許やブランドなどに分類される知的財産、
経営理念や組織力、そして、
取引先や顧客とのネットワークなどのように、
主な財務諸表には表れることがなく、可視化できず、
目に触れにくいような経営資源を総称するものとされています。
その知的資産経営を実践することにより、
可視化することを可能にする報告書である、
「知的資産経営報告書」と呼ばれる書類を作成すること。
そのことは、目に見えにくいとされている経営資源や財務諸表に、
記載されていないような事項である非財務の情報を、
顧客や従業員はもとより、株主、債権者、
取引先といった利害関係者(ステークホルダー)に対して、
知的経営を取り入れた企業価値の向上を目指した活動を、
わかりやすく伝えること。
そうすることによって、その企業において、
将来的に生み出すであろう付加価値や、
企業の将来性に関連する知識を、
共有化することができるように意図された書類なのです。

そのためには、あなたの経営している会社が、
持っている「強み」に気づいて、
その「強み」を活用し続けることを、
可能にするビジネスモデルの原形を作り切っておくことが、
非常に重要であると考えています。

ビジネスモデルの原形を作り出したい。
そのように感じられた経営者の方は、
こちらにある、お問い合わせ・ご予約フォーム で、
お気軽に、お問い合わせください。

覚悟を伴った情熱をお持ちの経営者の方から、
ご相談を承っております。 



Google

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。